mikkoのゆるゆる山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 焼額山でのんびり初夏の花めぐり -2017.07.08−

<<   作成日時 : 2017/07/10 00:38   >>

トラックバック 0 / コメント 8

まだ梅雨明けしていないのに週末の関東甲信越の天気予報は晴れマーク
では高山植物を楽しんできましょうか。。。
と言って選んだお山は志賀高原の焼額山!


2017年7月8日(土)

北志賀高原竜王ロープウェイ山頂駅〜焼額山のピストン

以前、焼額山には秋の端境期にのんびり歩きできました。
2015年9月のレポはこちらから
その時にまた初夏に来ようと思っていたので今回は竜王スキー場からのコースで再訪です。

4:50 東北道・浦和インター 圏央道経由で関越道・上信越道利用で 
7:30 信州中野インター

インターを出たらそのまま直進、信号を超えたところにセブンイレブン
さらに少し走るとローソンあり。
途中、志賀中野有料道路(100円 ETC利用出来ません)を走り
『北志賀高原』の案内に従い側道にそれ国道403号(国道っぽくないけど・・・)を走行し
踏切を渡った先に最終コンビニとなるセブンイレブンあり。
『竜王マウンテンパーク』の標識をたよりに道なりに走行し、スキー場に着いたら
『ロープウェイ ベセル』の案内に従って走行すると駐車場に到着

8:05 駐車場 到着

駐車場に着く少し前にダンナ様から「で?ロープウェイの営業って何時から?」との言葉
ハッ!! まったくノーマークだった!
スマホで調べるとなんと9時〜 
いつも支度に時間がかかる我が家でもさすがに時間を持て余すよ〜 
駐車場に到着するとすでに数台の車。。。 よかった!我が家だけじゃない!!

車の中でのーんびりと朝食のおにぎりを食べながら出発準備
トイレはロープウェイ乗り場の1階と
山頂駅からちょっと上側にあるレストランシャルムの1階にあります。
どちらもウォシュレット機能付きの綺麗なトイレです(観光地だもんね)

ロープウェイの建物に乗客が入って行き始めたので我が家もゆっくりと移動
画像

ロープウェイチケット代は往復2,200円
たけのこ狩りと登山者は届けを出して下さいと書いてあったので
登山届はチケット売り場のお姉さんに手渡し
9:00始発のロープウェイに乗って10分弱、一気に標高1,770 mの山頂駅へ
画像
山頂駅は『SORA Terrace』という素敵なテラスになっています。
ここからの素晴らしい眺望は2017年 1月2月の竜王スキーレポでお楽しみ下さい。
このテラスの雰囲気が素敵なのでちょっくらスマホタイム。早々に寛いでおります f(^^*) 

画像
初夏のこの時期は眺望も霞みがち。。。 でもうっすらと妙高の山並みも確認出来ました。
さすが!妙高にはまだしっかりと雪が残っているのが見えましたよ〜

画像
山頂駅の所にある花壇には珍しい“ヒマラヤの青いケシ”が咲いているので早々に足を止められ撮影タイム
“ヒマラヤンブルー”と言われる神秘的なブルーが綺麗ですね〜


9:20 竜王ロープウェイ山頂 スタート

画像
ロープウェイ山頂駅付近はハンモックなどが置いてあって観光で来ても楽しそうですよ。
この先の右側にも青いケシの花壇があってまたそこでも足を止められました。


この先で一旦下ってまずはゲレンデを歩いて行きます。
この冬に2回スキーで来ているゲレンデだけど雪が無くなると
ガラリと雰囲気が変わっていて面白かった。

画像
ロープウェイ山頂駅から20分ほどで竜王山頂湿原の入口
まあこちらは帰りに寄る事にしましょう!

画像
ゲレンデの真ん中でも湿原状態になっている所が。。。
というよりも本来は湿原なんでしょうね〜 
ど真ん中に巨大葉っぱ化状態の水芭蕉もありました。

9:55 スキー場レストハウス 
ゲレンデはここで終了。 ここから登山道になるはずなんだけど・・・

画像
ダンナ様登山口を探しております。 
古い赤いリボンを見つけたので行ってみるもすぐに藪状態でとても先に進める状態ではない。
しばらく二人してあっちこっちとウロウロ。。。
「え〜!!! ロープウェイ代払ってきたのにもしかしてここで諦め?」
と泣きそうになっていたら。。。登山口あった! \(^o^)/

10:05 登山道入口

画像
結局、スキー場レストハウスの手前で右に向かった所でした。 10分弱ほどロスタイムしちゃったよ〜
入口に標識や赤いリボンはありませんでしたが、10mほど進んだ所に
比較的新しい赤リボンがありました。
その後はかなり古くなり色もあせてしまって見つけづらいものや
地面に落ちてしまっている赤リボンが数ヶ所にあっただけでした。

画像
踏み跡はしっかりついていますが時々笹が登山道に茂っていたり
倒木が所々にあるのでよけたりくぐったりまたいだり・・・
ちょっとワイルドな登山道でした。

画像
それでも登山道脇ではマイヅルソウや

画像
ミツバオウレンや

画像
ツマトリソウが代わる代わる現れて飽きさせない

樹林歩きになってから30分ほどで湿原に出ました。(ここがこごり池なのかな?)
画像


画像


画像


画像
リュウキンカやスミレやハクサンチドリやコバイケソウなどが咲き乱れまさに秘密の花園のよう。。。
しばし足を止められるも、熊さんが出てこないかとちょっとヒヤヒヤ
わざと熊鈴が鳴るような動きをしたりしながら写真撮影

画像
その後もゴゼンタチバナが現れたり

画像
白樺やオオシラビソの素敵な森を楽しみながらもワイルドな登山道を進みます。

画像


画像
登山道脇でイワカガミがお出迎えしてくれたと思ったら
山頂湿原の木道が木々の隙間から見えてきた〜
あれ?もう着いちゃった! コースタイムよりも30分以上早いよ!! (^-^)v

画像
で。。。山頂湿原に向かう木道に出る所にこんな看板! (この先ってのが歩いて来た登山道ね)
そんな・・・今更言われても・・・ 
入り口の所に出しておいてくれないと・・・
それにロープウェイ乗り場で登山届を受取ったお姉さんもじっくりと目を通して
「焼額山往復ですね〜 気をつけて行ってらっしゃい!」って言ってくれたじゃない・・・

もしかしてこの登山道は廃道にするつもりなのかな〜
だから倒木もそのままだったりしたのね。
でも惜しいな〜 なかなか素敵な登山道だったのに
数ヶ所の倒木を移動して湿原のところ2ヶ所ほど短い木道を整備すれば
良い登山道になると思うんだけどな〜

だってロープウェイを降りたら2時間でこんなに素敵な山頂湿原があるんだよ!
画像
向かい側から歩いてくる女性二人組も「こんなに素敵な所なのに貸切状態なんて勿体ないわよね〜 
もっとみんな来ればいいのにね!」と言ってました。

後からやって来た2組の登山者も私達と同じ竜王からのコースで登って来ました。
結局この日出会った登山者は私達が山頂に着いた時に入れ違いのように下って来た女性二人組
(たぶん焼額山スキー場側から登ってきた)とで三組だけでした。


11:25 焼額山 山頂
画像


画像
山頂にある稚児池の水も澄んでいて綺麗でしたよ〜
前回来た時に立っていた背の高い山頂標識は倒れたまま

画像


画像
ワタスゲが見頃で白いボンボンが可愛いかった〜

画像
稚児池の周りはかなり広範囲にヒメシャクナゲとモウセンゴケ
こんなにたくさんのヒメシャクナゲ見たこと無い!
(先ほどの女性二人組も同じ事言ってました)

画像


画像
あれ?晴れていたのに突然ガスが!!!
“雲を呼ぶ男”のせいかしらん(笑)
結局、一瞬ガスが通り過ぎただけでした〜

そうそう実はこの後、ここに小熊が出たんです!!

山頂にいた登山者の一人が「あれ?熊じゃない!!」という言葉に
みんながいっせいに視線を向けた先に真っ黒な小熊が。。。
と言ってもmikkoは見損なっちゃったんですけどね。
ダンナ様はぴょんぴょんと2度ほど跳ねながら樹林に引っ込む姿が可愛いかったと。。。
小熊がいるという事は母熊もいるという事ですからね〜
下山の時は注意しなくては!!

画像
     今日のスィーツはa la campagneのフルーツゼリーとプリン
     神戸発祥のパティスリーで蔵王のモンスターの時にこちらのパイを頂きました。
     ホウロウのカップの中身はプリンです。可愛いでしょ!

画像


12:40 下山開始 
画像
稚児池の周りをぐるっと一周して下山します。
居心地の良い山頂だったのでかなりゆっくり過ごしちゃった! (^^♪  熊が出たけどね。。。

画像
登りではそんなに急登に見えなかったけどそこそこ急だったんだね〜
確かにこの山頂直下の登りはちょっとキツかったわ!

画像
で! 登山道には熊のフン!!! これは行きにもあったからちょっとビビっていたんだけど
下山するときはもうひとつ新しいフンが増えていました!
ヤツはここを通ったという事ね!!! 

画像
登りではちょこんと頭しか出していなかったギンリョウソウ

画像
これが一番手ごわかった倒木 登山道を塞ぐといってもこの位です。

画像


画像
薄っすらですが、焼額山の稜線の向こう側に横手山も見えました。

画像


13:40 スキー場レストハウス
画像
レストハウスまで戻ってくれば後はゲレンデ歩き
雪があるときもとっても綺麗な森だったけど夏も綺麗な森だね〜

画像
竜王山頂湿原に寄ってみました。 巨大なお化けになった水芭蕉

画像
コバイケイソウの当たり年だったらここは見事だろうね!

画像
ここはワタスゲが綺麗でした〜
観光客の方はここまで来ると湿原も楽しめるね!

14:20 ロープウェイ山頂駅
ギリギリのところでロープウェイが行ってしまったので次のロープウェイまで20分待ち
ではスィーツタイム第二弾を楽しみましょう。
画像
     わらび餅 しゅわしゅわソーダー粉付き
      これスーパーで100円位なんですけど
      冷たくして持って行くと暑い時はサッパリして美味しいんです。

14:40のロープウェイを利用して帰宅の途に着きました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
焼額山、湿原歩き、静かで良いですね。
ナイス、チョイス!!!
20代の頃にスキーで一回行った事があります。
ヒメシャクナゲ、ワタスゲの群生、花の種類も多くて良いですね。
熊さんには会いたくないですね〜。
草紅葉の頃も良さそうですね。

chiaki
2017/07/10 18:45
熊さんも油断して出て来ちゃうほど、普段は静かな場所なのですね。
でも、確かに秘密の花園っぽくて、こういうところ好きですよ。
もう少し、登山道が整備されれば、自分も行きたいな〜。
リンゴ
2017/07/10 20:40
chiaki様
雄国沼のニッコウキスゲと悩んだのですが
雄国沼は相当賑わうのではと思い
のんびり出来る焼額山にしました。
ここはいつも人が少なくてカッコウの鳴き声を聞きながらのんびり出来ますよ。
ヒメシャクナゲがたくさんの咲いていてびっくりしました。
熊さんには会いたくないので下山の時は熊鈴とストックを叩きながら賑やかに降りてきました。
mikko
2017/07/11 08:33
リンゴ様
熊さんが出てきた時に山頂にいたのは3組7人でした。
静かに過ごしていた方ばかりだったので子熊ちゃんも思わず出てきちゃったんでしょうね。
途中の湿原はリンゴさんが好きそうな“秘密の”花園でしたよ〜(笑)
ワイルドといってもこの時期はまだ問題なく歩けるくらいでした。
秋になるともっと笹が茂って藪漕ぎ状態になるかもしれませんね。
mikko
2017/07/11 08:42
ちょっと調べてみましたが、竜王ロープウェイってタケノコ採りの方の利用率が9割くらいなんですね・・・「タケノコ山には熊がいる」って格言通りですかね (^。^)
熊のふ〇を見るといつもビビりますが、静かなお山歩きの代償かな?
でもやっぱ会いたくはないな〜(汗)
お花も群落で咲いててなかなか良さげな所ですね! あ、田代もそうでしたが、今年はワタスゲとヒメシャクナゲが当たりなんでしょうかね (^^♪




GRI
2017/07/11 21:59
GRI様
確かにたけのこ狩りの方が何名か乗っていました。
9割りにもなるんですか〜凄いですね。
熊が大好物な細いタケノコが登山道脇にも生えていて
良くみると鎌やはさみで切ったのではなく
ちぎり取ったようなものがたくさんあったんです〜
ドキドキでした。
でも登山道や樹林の雰囲気も良くて楽しい登山道なんですよ!
そして山頂もとっても素敵なの。。。
登山口は三ヶ所あって他のふたつはゲレンデ歩きなので
熊の心配なく山頂に着けそうです。
今年はワタスゲとヒメシャクナゲの当たり年なんですか?
尾瀬にもいっかい行こうかな〜(笑)
mikko
2017/07/11 23:12
夏は標高の高い湿原が良いですね。こっちには手じかにないので…
ワタスゲもここ数年は見てないです。この夏こそ、どこかへ行こうと。
あまり人が歩いてない道はやぶこぎぽくなって、意外に楽しめます!?
ただ、人が歩かないと、熊が近寄ってくるのかもしれませんね。
最近の雑誌で、本州のツキノワグマは増えてきているとのレポートを見ました〜
お互いに気を付けましょう!
本読みと山歩き
2017/07/16 07:32
本読みと山歩き様
やっぱり高層湿原はいいです!
吹いてくる風も気持ちが良いし時間を忘れて過ごしてしまいますね。
今年はワタスゲの当たり年とか?まだ間に合うでしょうか〜
藪こぎっぽい所は熊とのバッタリ(笑)率が高そうなのでちょっと怖いです。
熊鈴をジャラジャラならして行きましょう!
mikko
2017/07/18 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
焼額山でのんびり初夏の花めぐり -2017.07.08− mikkoのゆるゆる山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる