南東北シリーズ 第三弾! “ 月山 ” -2007.6.17-

南東北シリーズ第3段は、ちょっと足を延ばして
月山に登ってきました。

2007.6.17(日)

コース 姥沢小屋~リフト利用~姥ケ岳~牛首~月山山頂
       我が家が得意とするリフト利用! (^_^;)V
       一番らくちんなコースです。

   4:20  東北道 浦和料金所

   7:45  山形道を月山インターで離脱
         112号線に出たら、すぐに志津・月山への標識を目印に左折
         インターを降りてから、コンビニはありません。
          

   8:05  姥沢駐車場 到着
         駐車場の入口で、月山環境保護協力金として、1,000円支払ます。
                (ちょっと高い・・・
画像



                     トイレ(水洗)と更衣室完備です。
画像



            リフト乗り場まで、舗装された道を10分ほど歩きます。
            板を持ったスキーヤーにとってはきつそうです。
画像



画像

            リフトの始発時間は、土・日曜日が7:00 平日が8:00
            リフト代は往復1,000円

画像



          リフトの終点が近づくと、月山スキー場が目の前に現われます。
画像

             みんな楽しそうです。 



              振り返ると、どーーーーーん!と朝日連峰
画像



              素敵! 感激! 
              今日はこれだけでも充分満足なくらい・・・


   9:00  朝日連峰を横に見ながらスキーヤーと共に
         姥ケ岳を目指して雪の斜面を直登します。
         結局、ここの斜面が一番急だったと思います。
画像

             六本爪アイゼンをつけている人は、サクサクとあっという間に
             登っていってしまいます。
             軽アイゼンの人はつけていない私と同じ様に
             時々足元が滑っていましたよ。
             私はつるりんと転んだりもしましたけど・・・
             でも、その場で止まりますから、危険ではなかったですよ (^_^;)V


            登りきったら、この眺望ですから
画像


          


          姥ケ岳に向かう木道が現われました。
          スキーヤーも板をぬいで、木道を歩いています。
画像



          その理由が分かりました。
          スキーヤーが見に来ていたのは・・・


               鳥海山!!!  
画像



画像

   9:30  姥ヶ岳山頂


   10:05  金姥 (最低のコル) 通過

               この辺りから登山道の両側がお花で埋まっていました。
               写真撮影ばかりで先に進めません。
               ふと周りを見ると他の方も同じように止まって撮影に夢中です。
               お花は後でまとめてご紹介しますね。  
画像
   


画像

               牛首ではふたたび雪渓上を歩きます。
               うなだれているのは、疲れているわけではありませんよ。
               なぜか、うなだれて歩くくせがあるみたいなんです。


   11:10  鍛冶稲荷神社 到着
画像

               ちょっとした展望台みたいな感じ
               下山時にここでおこじょに出会いました。
               (すばっしっこくて写真は撮れませんでしたが・・・  )

    

              山頂までもう少しです。     
画像



                     最高の眺望でーす! 


画像


       
   11:25  月山神社到着
          まだ山びらきはしていないので、入場料(?)はとられませんでしたよ。
          神様もまだ冬ごもりから目覚めていないのですね。
          

          しげぞうさんのブログで、三角点は神社の後ろ側だとの事なので
          神社を右にまいて後ろにまわってみます。
画像



                     三角点みっけ!!!
画像

               ちょっと見つけにくかったですね。
               神社の後ろ側に行くと、岩岩なところがありますから、
               そこも通り越すとありましたよ。
               でも、岩岩な所のほうが高いと思うんだけど・・・


                    さあ!ランチタイムです。

                   今日のランチは“ペンネアラビアータ”
画像

                   ゆで時間3分の早ゆでペンネにあえるだけ・・・


                   じゃーーーーん! (というほどの物ではありませんが・・・)


画像

                  疲労を解消するというトマト味がいけますよ (^-^)v


   12:20   下山開始


                頂上小屋の隣に100円トイレありです。
画像



画像

                ちょっと雲が多くなってきたかな?
                それとも空に向かって交信しているのかも?


画像

               牛首から金姥付近は 気持ちの良い稜線歩き です。



   下りは姥ヶ岳に戻らずに直接リフト乗り場へ雪渓を下る登山者が多かったですが、
               我が家は再び、姥ヶ岳に戻ります。


              なぜかって???

              姥ヶ岳で スィーツタイム!!!

              朝日連峰と鳥海山の両方を見ながらのスィーツタイムなんて素敵

              今日は “冷やしぜんざい” 
画像



画像



              ザックの中で氷の入った水筒を乗せておいたので、
              冷たくて最高でした!



             リフト前の最後の下りです。
画像

            初体験! シリセード と言いたいところですが
            しゃがんで滑り降りただけですよ。 
          
             

             向こうから登ってくるスキーヤーの感じが“なんか変”だなーと
             思ってよく見ると・・・
 

                  なんと!!! ハダカ !!!
画像


             そのくらい暖かな  日でした。    


   14:30  リフト乗り場着


この日出合ったお花たち  

画像
                  コイワカガミ

画像
                    ハクサンチドリ

画像
                      コシジオウレン

画像
               山頂にて咲き残りのミネザクラ

画像
               山頂にて、なにかのつぼみ? (どなたか花の名前を教えてください)     

画像
                    シラネアオイ

画像
                    ミヤマキンバイ

画像
                     チングルマ         

画像
          ハクサンイチゲ (だけど花びらの数と葉の重なり具合がキタダケソウっぽい)  

画像
                    ミヤマヒナウスユキソウ

画像


画像


画像
               山頂付近の神泉池とハクサンイチゲ

画像


画像



       この日出合ったカエル君

画像
                    タゴガエル か ヤマアカガエル
                    (顔の黒い模様が確認できないので、判別不能)


            梅雨だというのに、お天気に恵まれ、
            最高の眺望を得られました。
  
            眺望最優先の我が家にとっては、サイコー な一日でした。

            南東北シリーズはまだ続きます。
            さ! 明日に備えて早く寝よーっと!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mikko
2007年06月29日 06:49
輝ジィ~ジ様
コメント有難うございます。
例の花ですが、写真がピンボケなのですよね。
これではよけい分かりづらいですね。
皆さんにお気にかけていただいて
とても嬉しく思います。
山頂の三角点のそばに一株だけありました。
月山はとても魅力的な山でした。
今度は土曜日に登って帰りに温泉にも立ち寄りたいです。
2007年06月28日 10:26
ジィ~ジもイマイチ花の名前がわかりません。なんでしょう?
出来ましたら写真等倍でなく拡大して貰えれば、と願います。
月山信仰の山ですから講の方達が全国から集まり賑わいます。
雪も8月頃まで残り、花も多く眺めも良く魅力ある山です。
mikko
2007年06月26日 23:31
ぼんいぢ様
7月以降になると、白装束の人がたくさんいるのでしょうね。
6月までは、スキーヤーとヤマノボラーの世界でしたよ。
ぼんいぢさんが登る時も晴天である事を
お祈りしています。

tomomi様
はい! お天気に恵まれて最高の一日でした。
次はスキーで来たいなと思いました。
ミヤマヒナウスユキソウは姥ヶ岳から牛首へ
向かう鞍部のあたりで咲いていました。
2007年06月26日 19:41
最高の眺望でしたね~
そして、まだ滑っているのかい!とびっくりです。
お花も沢山で、とっても楽しめました。
ミヤマヒナウスユキソウ、私も見てみたいです♪
2007年06月25日 23:59
じっくり読み込みました。
月山って修行のイメージが強かったんですけど、
おおらかさもあるんですね。
ボクたちが行く時もこんな天気に恵まれるといいなぁ。
それと、
じつは、スィーツレポとっても楽しみにしてます。
今回のぜんざいおいしそう。
ボク、和菓子大好きなんですよ。
mikko
2007年06月25日 23:22
まゆ太様
コメント有難うございまーす。
今年は雪解けが遅かったのでしょうか。
予想以上に残雪がありました。
月山はずーと狙っていた山だったのですが、
期待以上に素敵な山でした。
まゆ太さんのリベンジの時も晴れる事を
祈っています。(^_-)☆ 

本読みと山歩き様
お褒めいただき有難うございます。
山形の言葉、聞き取れないところもありますが、
「まさに“邂逅の森”の世界だ~」
と感激してしまいます。

テントミータカ様
ご訪問いただきありがとうございます。
飯豊から見えていた月山も最高の天気でした。
お花の名前教えていただき、ありがとうございます。
早速、訂正しました。
今後もご教示、お願いします。m(_ _)m

0041様
いつもコメントありがとうございます。
6月の末になると、白装束姿の方が現れるようですね。
本当にたくさんの花に迎えられて幸せな一日でした。
遠いですから、仲間を募っていくのが正解ですね。
2007年06月25日 19:49
月山いいですね~
春スキーと信仰の山のイメージがあったんですが、このレポでイメージが変わりました。
春&初夏スキーと花の山だったんですね。
相棒を募って行きたいと思います。その時は花図鑑を持っていかないと駄目かな?
2007年06月25日 01:00
月山もお天気が良かったようですね。

 お花ですが、ツマトリソウとあるのはコシジオウレン、ミネウスユキソウとあるのはミヤマヒナウスユキソウかもしれません。
 んで、肝心の?の花は私も分かりませんが、7月に駐車場代が無料になって環境整備協力金300円になったら、日帰りで出掛けてみてこようかな?と思っています。何の花でしょうね?。
2007年06月24日 22:21
昔、バイクで112号を通り、途中 湯殿山麓の民宿で宿泊しました。
そこのおばあさんに出羽三山(もちろん月山)の話を聞いたことを覚えています。(相当アクの強い山形弁で関西人の私には聞き取れない言葉が多かった)
月山は、雄大な稜線・雪原・どっしり感があります。
流れる雲も気のせいか大きく、月山と雪と雲のコントラストがとても良い。(頂上小屋トイレの次の写真なんか最高です。)
「雲の峰いくつ崩れて月の山」(松尾芭蕉)も“入道雲は崩れるが月山は悠然と偉容を誇っている”と絶賛しています。
いいですね。いい感じです。うらやましい。
2007年06月24日 20:52
うわー、さすが月山。まだまだ雪が残ってますねー
しかもお花がいっぱーい♪展望にも恵まれて、幸せな1日でしたね!
わたしが月山に登ったときはガスガスだったので、絶対リベンジ!って思ってます。天気がいいとこんなに朝日岳がどどーんと見えるんだー♪
冷やしぜんざい、いいかも!
mikko
2007年06月24日 00:06
インレッド様
コメント有難うございます。
この日は風もなく、最高のお天気に恵まれ
ラッキーでした。
私も鳥海はいつか行きたいです。
朝日は・・・私でもいけるかな???
2007年06月23日 20:09
今晩は。
朝日と鳥海を眺めての食事は贅沢この上無いですね。羨ましく眺めていました。朝日か鳥海、今年は私も行こうと思っています。

この記事へのトラックバック