立山 ≪超メジャーゴールデンコース≫ -2009.9.5~6-

超~快適な雷鳥沢でテント泊して超メジャーゴールデンコースの立山を歩いて来ました。(^-^)v


          金曜日の夜に埼玉の自宅を出発
          立山駅前の駐車場にて車中泊
          9月に入ったのでケーブルカーの始発は7時だと思っていたのですが
          6時過ぎからぞくぞくと駐車場から駅に向かって行きます。
          慌てて我が家も身支度を整えて立山駅に向かいました。
          なんと!6時20分から臨時便が出ているではないですか 
          長い列に並ぶも結局7時30分発のケーブルカーになってしまいました。
          事前調査は大切ですね。(^-^;)


                北陸道・立山インターからのコンビニ情報
                セーブオン(2店舗) ローソン(左側) セブンイレブン(最終コンビニ) 

                立山~室堂 ケーブルカー+高原バス料金 往復4,190円


     8:55   室堂スタート
画像

                     なんかマットがずれているんですけど・・・
                     実はこの後、ころんと地面に落ちました 


     9:30   雷鳥沢キャンプ場に到着
画像




            テント設営完了でーす! 
            山でのおうちが出来ました!
画像




     10:20   別山乗越へ向けて雷鳥坂を登ります。
画像



            うしろに見えるは大日岳
画像




画像


                   覚悟はしていましたが、やっぱりきついです。 (;´Д`)'`ァ'`ァ

画像



               う~、もう少しで別山乗越
画像




     12:00   別山乗越到着
画像

                    剱御前小屋はグッズがなかなか可愛いんですよ~ 
                    今回はバンダナを購入しちゃいました~



     12:20   別山に向けてスタート
画像




                     剱岳でーす
画像


                やっぱり剱はかっちょい~!!!


                   別山へ向け快調に歩きます
画像



画像




                 別山へ向かう稜線から見る剱岳もかっこいい!!
画像




                  これから向かう立山三山も雄大
画像




                     ダンナ様と剱岳の図 (*^_^ ) b
画像




     12:45   快調なんて実はウソ!
             ちょっとヘロヘロなので別山の山頂はパス。トラバースしちゃいました。
画像

                でもこのトラバース道、幅が狭くて片側が切れ落ちています。
                足を踏み外したら滑落間違いなし・・・
                楽をしようとトラバースした事をちょっと後悔 


                     雷鳥平を望む
画像



                別山乗越を過ぎたあたりから超眠くてめっちゃ身体が重くて
                ペースが上がりません!

                そこで・・・

     13:55   真砂岳にむかう稜線にてお昼寝付きの大休憩でーす。
             こらーっ、寝ている隙に写真なんか撮るなーっ!
画像


                  そして。。。復活!! (^。^)y-
画像



     14:20   富士の折立へ向けスタート
画像



                  睡眠をとったので快調スタート
画像



                   もうすぐ急坂を終了
                   下から見るより意外と楽に登れました。
画像



     15:00   やった~! 富士の折立到着でーす。
画像




画像
                  タテヤマリンドウ


画像




                     大汝山へ向けてガンバル。。。
画像



     15:15   立山連峰最高峰大汝山
             久々の3,000メートル越えです。(御嶽山以来かな)
画像



                    まだまだ雄山へ向けてひとガンバリ。。。
画像



画像




     15:35   雄山神社到着
画像

 


                     ここでやっとスイーツタイム!!!
画像

                        北海道メロンゼリー 
                        夕張メロンチックな果肉たっぷりで美味しかった~


                         なんと!雄山神社貸し切りです

画像

                     前回来た時はたいへんな人でごったがえしていただけに
                     こんな事なかなか無いよね~と貸切を楽しんできました。

                     ・・・時間が遅いって事なんだからとっとと下山しろ!ですよね~



                    北アルプスの後立山連峰はやっぱり雄大です。
画像




                     雄山山頂で針の木岳をバックにご満悦 
画像



                    
                    もうすぐ午後4時、さすがに降りなくては・・・
画像

                   雄山からの下りは結構急坂です (;´Д`)'`ァ'`ァ


画像



     16:35   一ノ越山荘 通過

画像
                    チシマギキヨウ



                   室堂まであとはまっすぐなだらかに下る石畳の道になり
                   スタコラサッサ~と歩きながら
                   「こういう石畳の道って歩きにくいのよね~ 下りは特に!」
                   なんて愚痴りながら歩いていたので
                   浄土山の神の怒りにふれたのでしょうか

             つまづいて、思いっきり顔から地面にすっころんでしまいました!! 

 
                  ちゃんと手は出したのですが、下りだったために勢いは止まらず、
  
                             顔面強打!!  
          
                      瞬間に唇を咬んだのも覚えています。

                  “やばい!!” 大変な事になったらどーしよ~ 
                  と思いつつ顔をあげると、やっぱり口のあたりから大出血
                  さすがにダンナ様もびっくりしたようです。 

                  ダンナ様から、手ぬぐいを咬み止血をするようにと言われ、
                  室堂経由でテント場まで急ぎます。室堂バスターミナル
                  のところまで来るとダンナ様は雷鳥沢ではない方に進んで
                  いくのです。そのままうしろをついて行くと、そこは
                    「富山県警山岳警備隊立山派出所」
                  中にある診療所に駆け込んでくれました。
                  ところが出てきた隊員、「今、ドクターいないんですよ」と言
                  いながら見せてみてと言われ、おそるおそる手ぬぐいを外し
                  てみると止血がうまくいったようでほとんど血は止まっていました。

                  「くちびるはかなり切れているけど、口はなんの処置も出来ないんだよね」
                  「命に別状はないから綺麗な玉殿湧水で洗っておくしかないかな」
                  と言ってちいさなバンドエイドを下さいました。
                  痛くなって我慢できなくなったらと鎮痛剤も出して頂きましたが
                  「鎮痛剤は持っていますので大丈夫です」とお断り。。。

                  3名の警備隊に方々は爽やかに優しく、
                  ご心配をしていただいた事に恐縮しながらテントに戻ります。
                  

                                  
     18:05   雷鳥平に戻ると夕日に染まる立山三山が出迎えてくれました。
画像



                 この日の夕食は口を動かせないので・・・
                 侘しくウイダーインゼリーのみとなってしまいました。
                 ダンナ様は簡単にインスタントラーメンで済ませてました。。。

               
画像


                 

          テント泊お楽しみの満天の星空を期待して深夜テントから顔を出してみるとー 
          な、なんとお月様が出ています。しかも満月。
          真夜中にもかかわらず液晶時計が読めるくらい明っかるーい。
          時代小説に「月夜の決闘」とはよくいいますが
          まさに決闘でもできるくらいの明るさにはビックリ!
          ダンナ様はお月様が大好きなので私が寝ている間、かなりの時間眺めていたそうです。
           (やはり宇宙からきたのかもしれない、この人)

               
                翌朝目覚めると
                くちびるの傷はなんとかくっついていましたが、
                ほっぺたにはかすり傷、両膝のあたりは腫れ・青あざ・かすり傷

                          あ~情けない・・・

     5:50   朝食はおこげ   でもmikkoはウイダーインゼリーのみ・・・
画像




     7:20   テントもたたんで室堂バスターミナルに向けシュッパーツ 
画像



            ミクリガ池に移る逆さ立山に別れを告げて苦い思い出と共に室堂を後にしました。

画像



              ころんじゃった自分自身は情けないけど
              快適な雷鳥沢のテント場はやっぱりいいな~

                     また来ようっと!!! 


この記事へのコメント

mikko
2009年09月18日 23:53
よっしー様
コメントありがとうございます。
よっしーさんも転びましたか~?
私だけじゃなかったんだ。。。
そうなんですよね。
自然な登山道の方が緊張感をもって歩くのでしょうね。
連休よっしーさんは北アですか?
レポ楽しみにしています。
よっしー
2009年09月17日 23:46
こんにちは。
いつも楽しく拝見してます。
私のほうにもコメントありがとうございます。
立山天気良くて綺麗ですね。
でも、mikko様を怪我させるなんて・・・。
実は私も3年前に、立山の石畳の道で、
つまづいて転びました。
結構、危ないんですよね。
いい道だから、大丈夫だと思い込むのが悪いみたいです。
登山道ならば、無意識に気をつけると思うんですけど・・・ねぇ。
健康な体があってこその登山です。
お互いに気をつけて、楽しみましょう。
次はどこかな?

mikko
2009年09月15日 22:41
輝ジィ~ジ様
ジィ~ジさんの故郷の山へお邪魔しました。
立山は本当に素敵な所ですね。
あの石畳の道は歩きにくいです~
(自分の不注意がいけないのですが・・・)
そうですね。
いつも500mlのミネラルウォーターは予備の水としてザックにいれているのですが
気が動転していたのか転んだ時にすぐに水で洗うという事はまったく頭に浮かびませんでした。
この経験を次回は生かしてすぐに洗うよう気をつけます。
っていうか、転ばないように気をつけます! (^-^;)
2009年09月15日 14:44
我が故郷の山 立山へようこそ
怪我が大事にならなくて何よりでした。
室堂から一の越までの石畳 一部舗装道路 あれが最大の欠点だと私は思っています。自然に手を加えた道のほうが事故は意外と起き易いかも…
老婆心ながら一言 常時飲み水以外にもう一本500㍉のボトルに水を入れて持ち歩きましょう。万が一怪我をしたときは、傷口を真水で洗うことが重要です。どんな薬より先ず最初に〝綺麗な水〟
浄土 雄山、別山 を立山三山と呼び、雄山 富士の折立 大汝山の三つのピークを併せて通常立山と言います。浄土からは五色ヶ原から薬師にかけて素晴しい眺望が得られます。
次回は残雪期又は新雪の三段紅葉の時期に又お出かけ下さい。
mikko
2009年09月12日 20:08
本読みと山歩き様
景色の良いところでは晴れてくれないと魅力半減しちゃいますからね~
土曜日は雲も出てましたがまずまずのお天気でした。
一人でコケたり、どこかにぶつけたりした時の
苦笑いよーく分かります。
私も時々・・・(*^_^ ) b
大コケが写っちゃった写真はブログ公開したのかしら。
2009年09月12日 16:48
おはようございます。
場所も良い、天気も良い、いうことなしです。
転倒はおおごとにならずよかったですね。
私は一人でぽつぼつ歩きが多いので、当然こけることはよくあります。
一人のとき、軽くこけると一人さみしく苦笑い、こらが意外にいやなんです。
大コケするとこりゃたいへんです。
 一番なさけなかったのがの、山をバックに自分の後ろ姿をとるとき、自動シャッターにして、あわてて立ち位置に走りこんだら、滑ってひっくりかえり岩におもいっきりぶちあたり。。。
それが写真にうつり、その姿がまた本当になさけなく。(笑)
ともあれ、転倒には気をつけましょう。
mikko
2009年09月12日 15:48
yuzzy様
立山の景色はすごいですよ。
まじお薦めです
ぜひいつかは訪れてみて下さい。
お陰様で傷は順調に回復しております。
来週に控える大連休にはどこかに歩きに行きますよ~
お天気が続くといいですね (^。^)y
2009年09月12日 08:30
mikkoさん、こんにちは!
憧れの立山、いいですね~!!
この雄大な景色にいつかは行ってみたいものですね。
お怪我はもう大丈夫なのでしょうか?山歩きにはつきものですが、お互い気をつけて山に登りましょうね!
1日も早い回復を祈っております。
mikko
2009年09月11日 23:21
テントミータカ様
コメントありがとうございます。
二年ぶりに快適な雷鳥沢のテント場を満喫・・・
といいたいところでしたが、
とんだハプニングで欲求不満の残るテント泊になってしまいました。
富山の山岳警備隊の方々、優しさ頼もしさもさる事ながら
なかなかの好青年でして・・・(*^_^ ) b
今後はお世話にならないように山歩きを楽しみたいと思います。

KYAZU様
お盆前は天候がはっきりしませんでしたものね。
夏にはやっぱりテント泊がしたいというKYAZUさんと同じ気持ちで出かけています。
今回の立山は意外と空いていて雷鳥沢のテント場も余裕があり
なんか肩すかしをくった感じでした。

yuki様
ご心配頂きありがとうございます。
まだ傷口は傷みますが、
傷が残らないようにまめに薬は塗っています。
yuki
2009年09月11日 21:54
主人が先に読んでいて「mikkoさん大変だったみたいだよ」
ってびっくりしましたww
でも傷口がついたとの事で良かったですね~
お顔の傷も忘れた頃には治りますよ^^お大事に~
2009年09月11日 20:00
薬師に続いてまたまた最高のテント泊でしたね!!
怪我のアクシデントは残念でしたが、天気が良くてよかったですね~♪
最近は混むのが嫌で立山方面から足が遠のいていますが、
また行ってみたくなりました!!
2009年09月11日 07:26
おはようございます。mikkoさん達は、雷鳥沢テント泊で立山でしたか。
 私も下山時、麓の駐車場が見えてから数回転倒する事がありました(買ったばかりのCWXが大きく破けてショックだった・笑)。でも、頼もしい旦那さまや名高い富山の山岳警備隊の一端も知る事ができたのは貴重な経験でしたね。一晩、普通の食事が取れなくても、大事に至らなかったようで良かったです。
 おたがい、これからも怪我のないよう、「ゆっくりのんびり山歩き」を楽しみましょうね。
mikko
2009年09月09日 22:46
ちゃってい様
次回の遠征は北アルプスなんていかがです?
磐越道で新潟を経由して富山入りすれば
岩手からでも6時間位で着きますよ。
お陰様で傷もかなり治ってきました。
下山して来た気の緩みには気をつけなくていけませんね。

sanae様
おもいっきり派手に転びました!(^-^;)
sanaeさんも顔面強打あるんですか?
その一瞬ヤバ!とあせりますけど
どーにもできないんですよね!
そうそう、かさぶた状態で日焼けすると
そこが白く残っちゃうんですよね。
気をつけまーす!
ご忠告ありがとうございました。

RUU様
お陰様で大事には至りませんでした。
怖いですね。気をつけましょう!
立山はやっぱりいいです
ケーブルカーなど費用が嵩みますから
晴天率が高くなる奥様を誘ってぜひお出かけ下さいね。
2009年09月09日 21:27
大丈夫ですか・・・( ̄□ ̄;)
下りは本当に怖いですね
早く傷が治るといいのですが。
僕もこの前つまずいて
体が空中で真横になりました
怖さよくわかります

立山は本当に凄いですね
しかもいい天気で
とってもうらやましいです
雷鳥沢の眺めとってもいいなあ~~(^^)
2009年09月09日 20:59
あらら、顔面強打って派手にやっちゃいましたね、大丈夫ですか?
でも大事にならなくて良かったですね。私もあります、顔面強打!^_^;
2,3回やってますよ、自慢にならないですけど(笑)
今年はお天気悪かった割には素敵な山歩きができて良かったですね。
お陰で楽しませていただきましたよ~♪
どうぞお大事になさってください。痕が残りませんよう、日焼け注意です(^_-)-☆
2009年09月09日 15:04
うお~、立山! 憧れる~!!
剣の雄姿もかっこいいですねぇ! いつか行ってみたいな~。
ところで、お怪我のほう、大事無くて良かったですね。なにかちょっとした弾みで大事故になったりしますからね~。山は楽しいですが、こういうトラブルもつきものですから。私も最近よく躓くので気をつけなければ…。
mikko
2009年09月09日 00:29
雪山様
立山は本当に雄大ですし
剱は超かっちょいいですよ~
ぜひぜひいつかは・・・
おちょこちょいの私は今まで木道で躓いたり
滑って転んだ事は何回かありましたけど
石畳との喧嘩には勝てませんでした。(^-^;)
気をつけましょう!
2009年09月08日 23:22
こんばんは!
立山は流石に凄いですね、私の憧れの地です。
大した用事も無いのですが中々岩手を出る事ができません。
mikkoさんのブログを拝見しながら末永く計画します。
お怪我の方は大丈夫ですか?下りの躓き転倒って実はかなり多いようですね。
私もヒヤット!した経験がありますので教訓にします。
mikko
2009年09月08日 22:47
インレッド様
2年前にここでテント泊をした時に
次回はこのあたりに張りたいな~と思っていました。
トイレ、水場が近くて意外とうるさくなく良い場所でした。
2週間前の薬師岳と比べると夜中はなかなか寒くて
寒さで目が覚め「もっとあたたかいシュラフがほしい~!」
と思いました。
夜中に満月を眺めながらインレッドさんの立山曼荼羅の話を思い出し
火の玉のような流れ星が飛んでこないかなと思っていました。

Makinobayashi様
下りのつまづきは勢いが止まりませんね。
どうにも出来ませんでした。(^-^;)
これかは転びのプロに加えて
受身もプロにならないといけませんね。
mikko
2009年09月08日 22:33
皆様、ご心配いただきありがとうございます。
お陰様で唇の切り傷はくっついてきました。
ほっぺの擦り傷は歳が歳だけに少し跡が残るかもしれません。
いい歳をしてお恥ずかしいです。(*^_^ ) b

やまめ様
はい!気をつけます。
来月に立山の予定があったのですか?
その頃は紅葉の季節を向かえて
もっともっと素晴らしい景色が見れたかもしれません。
残念ですね。。。
なんなら山トピメンバーでツアーを組むなんていかが?

0041様
私もティッシュをもらって拭いた時はびっくりしました。
舌で触るとざっくりと切れているのがわかりましたし・・・
でもお陰様で順調に回復しています。
立山はやっぱりいいですね。
埼玉から富山までは遠いですが行きたくなっちゃいますよね~
2009年09月08日 19:33
大変な出来事でした (^^ゞ
お大事に

でも下りは、つまづくと転ぶんですよ(笑
もんどりうつとか。。。
私、転ぶのはプロですよ。
2009年09月08日 18:48
今晩は。
アララー、折角の美人が・・・

同じところテント張ったようです。天気に恵まれてよかったですね。私は雨ばかりで、テントの中で寒くて震えていました。ここの夜空は本当にきれいですね、私は以前、大きな流星をここで眺め、立山曼荼羅を想い出しました。
2009年09月08日 10:21
ダンナ様もびっくりする位の大出血とは!
想像しただけで緊張しちゃいます。
その後、怪我は回復しましたか?

立山、いい眺めですね。mikko様のレポに激しく刺激されちゃいます。
今年は無理でも近いうちに立山行きたいな~
2009年09月08日 09:12
おはようございます!
あらら。mikkoさん、大事に到らなくて良かったです。
気がゆるんでる訳じゃないけどたまに私もドキ!っとする時があります。
お互いに気をつけましょうね!

実は私も来月、雷鳥沢からmikkoさん達と同じコースを歩く予定でしたが諸事情により行けなくなりました。 北アルプスの雄大な景色! mikkoさんのレポで楽しませてもらいます。(^0^)v

この記事へのトラックバック