三陸の今 -2012.05-

ゴールデンウィークに気仙沼に住む知り合いを訪ねてきました。


知り合いの家は高台だったので津波の被害を受ける事は無く
連絡が取れるようになって無事である事が確認出来ていたので安心していました。

電話でゴールデンウィークに岩手の家に行く話になった時に
「ぜひ遊びにきてほしい」と言われ・・・
と言っても観光気分で訪れる場所ではない。。。

訪れることに背中を押してくれたのは先方の「見に来て」の言葉と
3.11から1年後に放送されたテレビの中で
三陸の方々が言っていた「遊びに来て下さい」の言葉

三陸の人は従来と同じ気持ちで気軽に遊びに来てくれる事を望んでいる。

三陸を訪れてお土産などを買うことも復興の一助になる。

そういう思いから三陸を訪れました。


画像

                 気仙沼港の遊覧観光船も営業を始めています。


画像

                復興屋台村では三陸の海の幸が食べられる食道などが営業中


画像



画像

                   店内の壁は有名人からの応援メッセージボード 


                沿岸の道を走り南三陸町へ向かいました。

画像


画像


画像


画像


                     
画像


                    たくさんの瓦礫

                    かなりの悪臭を放つ瓦礫の山もありました。


画像



画像


               気仙沼線の線路はいたる所で寸断
               橋が流されているところ
               線路の土台ごと流されているところ

画像

               大谷海岸駅の駅舎は土台しか残っていませんでした。
               ダンナ様が立っている少し先の方では線路も無くなっています。               


画像

                三陸の方は感謝の気持ちを忘れていません。。。


画像

                      小さな小さな復興支援



                                   



この記事へのコメント

mikko
2012年05月29日 08:58
KAZU様
震災から1年以上が経ち、テレビに映るのは瓦礫が取り除かれた街の姿。。。
でも映っていないすぐそばには瓦礫の山があるのですよね。
実際に目にして分かる事がたくさん有りました。
でも三陸の人は前向きで…
小さな支援でもたくさん集まる事と続けていく事で少しでも力になれれば良いのですが。
KAZU
2012年05月28日 09:35
ご無沙汰してます。
私は去年の今頃、高田、大船渡、釜石と回ってきました。
とても、短い期間で復興できる状態ではないと実感してました。
見慣れた風景画とんでもない状態になっていて、涙があふれてきました。

関東では瓦礫の処理の受け入れに難色を示している所が多々あります。
理由は福島原発の被害状況に応じた理由説明ですよね。
でも、現地の方々は瓦礫のそばで暮らしてるんですよ。
そんな事を少しも考えない方々の気が知れない。
自分達の事しか考えない、被災地以外の方々は現実にもっと向き合って欲しいと思います。
そんな中でも懸命に生きている被災地の方々には頭の下がる思いです。
すいません。文句ばっかで・・・
これを間近で見て同じことが言えるかと思ってしまって・・・
mikko
2012年05月25日 23:33
輝ジィ~ジ様
テレビで写るのはほんの一部であると
実際に訪れてみて分かりました。
これからも小さな小さな復興支援を続けていきたいですね。
輝ジィ~ジ
2012年05月25日 05:31
mikkoさま
近頃ニュースでは復興なった部分がかなり放映されることが有りますが、生々しい写真見せられますと、思いを新たにさせられますね。
及ばずながら少しでも側面的な支援したいものと思いました。
mikko
2012年05月18日 23:56
cyu2様
cyu2さんは早くに被災地に入られてましたね。
あのメッセージに地域の方の思いが詰まっているように思いました。
これからも地道に支援を続けましょうね。。。
cyu2
2012年05月17日 12:42
私もほぼ同じエリアを見てきました、乗り上げた船のところも。
ダンナの実家の沿岸北部より被災地域が大きくて、言葉を失いました。
それでも地域のみなさん、本当に強く前向きですよね。
そのメッセージも・・・こちらが励まされます。
地道な支援、私も続けます~
秋になったらサンマ、一杯買うんだー♪
mikko
2012年05月17日 08:33
本読みと山歩き様
本当に瓦礫の多さには驚きました。
瓦礫が片付かないと復興も進みませんし・・・
「全世界のみなさんありがとう」のメッセージには
涙が出そうになりました。
下に下がっているのは千羽鶴でした。
贈られたものなのか、地元の方が折ったものなのか
みんなの願いがこもっているように感じます。
今月末に仙台ですか。
おいしい三陸の海の幸とおみやげ
支援になりますね。
本読みと山歩き
2012年05月16日 21:10
お疲れ様です。
まだまだ三陸は復興が進んでいませんね。
がれきの山にはおどろくばかりです。早く、みんなで引き取ってあげないと。
そんな中、「全世界の皆様ありがとう」は泣かせます。
今月末に再び仙台へ行く予定があります。週末にかかれば、ぜひ私も小さな復興支援をしたいと思います。

この記事へのトラックバック