富士山を眺めに竜ヶ岳 -2019.03.24-

ここに来ての花冷え寒波で山に雪が降ったらしい・・・
ならば化粧直しをした富士山を眺めに行こう!と竜ヶ岳に向かいました。

2019年3月24日(日)

本栖湖キャンプ場駐車場~石仏展望台~竜ヶ岳山頂のピストン

5:50 浦和インター
6:30 中央道・八王子料金所
7:10 中央道・河口湖インター

画像
河口湖インター手前からの富士山! 今日はいい日になりそう。。。 

料金所を通過したら直進するルートに進みそのまま道なりに走行し139号線に合流する
少し走るとローソン、その先にセブンイレブン有り
本栖湖の案内を目印に走行し途中の『道の駅なるさわ』でトイレ休憩
本栖の交差点で右折し、300mほどで「本栖湖キャンプ場」の標識を目印にVの字に左折
左側にあるログハウス風の立派なトイレ前を通過してまもなく「本栖湖キャンプ場」の駐車場があります。

7:45 駐車場 到着
画像


8:05 駐車場 出発
画像
キャンプ場の方向に向かいます。
この日は大勢のキャンパーが来ていて楽しそうに朝食の準備をしていました。

画像
キャンプ場の管理事務所を過ぎて左側にあるトイレ
「竜ヶ岳登山道入口」と「トイレ」という案内が出ていたのですが
行きに気付かずに通り過ぎてしまっていたので早朝使えるか分かりません。
下山してきた時は使用出来ました。
冬季の登山口のトイレは鍵がかかっていて使用出来ない事がありますものね。

8:20 登山口
画像


画像
少し登ると登山道脇に雪が現れました。
前日に降った雪のようです。 良く見るとつぶつぶ状態なので降ったのはあられだったのかな?

画像
木々の隙間から見えてきた南アルプス
おぉ~こっちも綺麗!! 真っ白に輝いてるよ~

画像
もちろん富士山はお見事

画像


画像
展望台見えてきた~

9:20 石仏展望台 到着
画像


画像
ダンナ様、富士山に見とれております。

画像


画像
真っ白に輝く南アルプスの眺望に思わず足を止められる。

画像


画像
湖畔からの登山道と合流し一旦平らになったらあとひと登り。。。


10:20 竜ヶ岳 山頂 (1,485m)
画像
美しい南アルプスの眺望が出迎えてくれました!

画像
振り返ればもちろん富士山

画像


画像
落ち着く前に南アルプスの眺望を眺めに雨ヶ岳、毛無山へ続く登山道の方へちょっこ進み。。。

画像
で、こちらが雨ヶ岳、毛無山

画像
すっごいね~ 南アルプスが端から端まで見えるよ!

ベンチはいっぱいだったので富士山を正面に眺められる場所に座ってランチタイム

スィーツタイムはダンナ様が前回宣言したとおり。。。
画像
コージーコーナーの 『春めく宇治抹茶ショート』
ちょっとハードルが高いかな?と思っていたショートケーキですが崩れる事なく担ぎ上げました


11:20 山頂出発
画像
到着した時よりも白い部分が少なくなってました。
これからは降っても陽がさせばすぐ溶けてしまいますね~

画像
八ヶ岳の稜線にかかっていた雲もとれました。

画像
竜ヶ岳の下山は富士山を眺めながら下れるから楽しい!

画像
でも雪融けで登山道がぐっちゃぐっちゃ 

画像
ぬるぬると滑るし、転んだら泥だらけになるし絶対に転びたくない!
慎重に下ります。

画像
富士山を眺められるベンチが空いていたのでスィーツタイム第二弾にしましょう!
(12:35~13:10 休憩)

画像
岩手で買ってきた  ラ・フランスの缶詰
さっぱりとして美味しかった~

13:25 登山口 到着
13:40 駐車場 到着

綺麗な富士山が眺められたしぽかぽかと暖かい山頂でのんびり出来たし
楽しい1日になりました 





この記事へのコメント

mikko
2019年03月31日 15:50
chiaki様
眺めていた八ヶ岳にchiakiさんがいらしたんですね。
この日は南の方がお天気が良さそうだった事もあり久しぶりに竜ヶ岳に登りました。
登っている時は背中のケーキの事は忘れているのですが
意外と崩れないものです。
mikko
2019年03月31日 15:39
kazu様
そうなんですよねー
富士山と北アルプスの眺望にルンルンになったのも束の間
下山に難義するんですよね。
転ばない様に気を使いましたが
登山靴の手入れは手抜きです、
2019年03月31日 13:42
同じ日に富士山を眺めていたんですね。
竜ケ岳も30代の頃に行ったきり。
又行きたいなぁと思っていたところです。
いつもケーキをそのまま綺麗に運びますね。
2019年03月30日 22:07
登山道からずっと富士山
山頂からは南アルプスの全体も見えて、とても印象的な山だと思います
帰りも富士山を正面にルンルン気分ながらも
ウチも、泥んこ道には苦戦しました
帰宅してからの靴の手入れは大変でした

この記事へのトラックバック