GOTO利用で丹波篠山へレッツラGO! -2020.10.15~16-

GOTOトラベルキャンペーンを利用して
以前から行きたいと思っていた丹波篠山へ行ってきました。

2020年10月15日~16日(木・金で有給利用)

400年の歴史を持つ篠山城下町は
御徒士町武家屋敷群や河原町妻入商家群など
歴史的建造物が残されている素敵な町並みで
以前から気にはなっていたのですが・・・

東京メトロのフリーペーパーに載っていた
『篠山城下町ホテルNIPPONIA』の記事に
目が止まったダンナ様。。。
(ダンナ様の愛読書はフリーパーパーと言っても
 過言でないほどのフリーペーパー好きなんです)

明治前期に建築された元銀行経営者の旧邸宅や
江戸末期に建てられた長屋など
400年の歴史がある篠山城下町に点在する歴史的建造物を
リノベーションして城下町全体をホテルに!
というコンセプトのホテルなんですって。。。

なんだか面白そう!!
これはGOTO利用して行くっきゃないでしょ!
つぅーかGOTO利用じゃなくっちゃ行けないしね (^_-)-☆


丹波篠山へ行くのならせっかくだからちょっと足を伸ばして
竹田城にも行ってしまいましょう。
竹田城と言えば雲海に浮かぶ城の姿が幻想的で美しく
『天空の城』として有名ですね。
と言っても埼玉からでは早朝の雲海狙いは無理なので
はなから雲海狙いではなくてね。

4:30  首都高速・川口料金所 
      東名→新東名→伊勢湾岸道路→新名神高速→名神高速→
      中国自動車道→舞鶴若狭自動車道→北近畿豊岡自動車道
11:20 和田山IC (ふ~さすがに遠かった!!)

インターを降りてからは『竹田城』と『山城の郷』の案内をたよりに走行
11:30 山城の郷 駐車場(無料)

駐車場から竹田城まで徒歩で40分登ります。
山城の郷からシャトルバスが出ていますがバスも途中までなので
その先竹田城まで20分歩く事になります。
それもバスで行ける所まではすごーくゆるやかな登りで
バスを降りてからの方がちょっと急になるという。。。
と言ってもずっと歩きやすい舗装道路です。

一応山のぼら~なのでもちろん駐車場から歩きます!
40分となっていましたが35分位で着いちゃいました。(^^)v

IMG_0233竹田城1_640.jpg観覧券を購入していざ!入城!!(笑)

IMG_0232竹田城入城_640.jpg

IMG_0243竹田城2_640.jpg

image0竹田城マチュピチュ_640.jpgこちらが天守台からの景色
この景色が『日本のマチュピチュ』と言われています。
確かにそんな雰囲気があって素敵ですね~
(ペルーのマチュピチュには行った事ないけど・・・)

IMG_0273竹田城5_640.jpg

image0竹田城全容_640.jpg
昼過ぎなのでもちろん雲海は望めませんが・・・
天守台にいらしたガイドの方によると
「今朝は雲海は出なかった!」ですって
季節的には雲海シーズンなので早朝には
この天守台に50人くらい集まっていたらしいですよ。
「蜜だよね~」ってガイドの方も笑ってました。
自然相手ですから難しいですよね。

雲海に浮かぶ竹田城の写真は『立雲峡』という向かいの山からの景色なのですが。。。
IMG_6525立雲峡_640.jpgはい!こちらが雲海のない立雲峡からの竹田城です。

立雲峡は竹田城からJR竹田駅方面に降りて行き
そのまま川を渡った先で右に登って行きます。
駐車場まではJR武田駅から車で5分もかからないくらい。
環境協力金として300円を支払います。
私が上記の写真を撮ったのは第一展望台で駐車場から5分弱
一番上の展望台までは40分ほどらしいです。


IMG_0278竹田駅_640.jpg
JR竹田駅付近(竹田城下町)から見上げる竹田城
(といっても森にの上にちょこっと石垣が見えるか見えないか)
駅付近には町営の駐車場があり駅側から竹田城に登る事も出来ます。
こちらは急登になりますが40分ほど。。。
行く前は調べてもよく分からなかったので無難に
山城の郷からのアプローチを選んでしまいましたが
山のぼら~なんだから駅側から登ってきた方が良かったかな?
とちょっと後悔・・・(^^;)


竹田城を後にして北近畿豊岡自動車道→舞鶴若狭自動車を利用して
大阪・神戸方面に戻り『丹波篠山口』で降ります。
(途中の道の駅で但馬牛コロッケや但馬牛肉そばの昼食)


IMG_0332丹波篠山2_640.jpg丹波篠山口からはごくごく普通の地方の町
といった風景を眺めながら車を走らせて
篠山城下町エリアに入ると突然『歴史的建造物』が立ち並ぶ素敵な町並みに!

image0フロント棟_640.jpgまるでタイムスリップしたかのよう。。。

IMG_0328丹波篠山1_640.jpgこちらのフロント棟でチェックインの手続きをして
城下町に点在する宿泊棟に案内されます。

image0ホテル前_640.jpgこちらが今回私達が泊まったお部屋
というより町家(長屋)を3つの棟に改装してあるようですが
まぁ1棟貸しという感じかな?

IMG_0447ホテル3_640.jpg玄関を入ったところが土間を改造したリビング

IMG_0364ホテル1_640.jpgお部屋はこんな感じ
古民家に暮らすようでしょ~

IMG_0362ホテル2_640.jpgなんと!お風呂は檜風呂でしたよ~

IMG_0333丹波篠山3_640.jpg泊まった棟がある『河原町妻入商家群』は
『重要伝統的建造物群保存地区』(略して重伝建地区)として
日本が選定している保存地区の1つなんですって。

IMG_0350丹波篠山4_640.jpg付近のおうちは普通に住んでいらっしゃるのだけど
どのお宅も玄関先の鉢植えひとつでもセンスが良くて
とっても素敵に住まわれているの。
住民の方のポテンシャルの高さに驚いてたわ~
きっとこの地区に誇りを持っていらっしゃるのね。。。

IMG_0440丹波篠山5_640.jpg

image0武家屋敷_640.jpgこちらは御徒士町武家屋敷群(おかちまち)←東京の御徒町より一文字多いのね

お夕食は車が迎えに来てくれて
丹波篠山市から『景観重要建造物』に指定されているフロント棟で頂きます。
image0前菜_640.jpg

IMG_0386丹波篠山食事3_640.jpg

IMG_0389丹波篠山食事2_640.jpg

IMG_0395丹波篠山食事4_640.jpg

IMG_0398丹波篠山食事5_640.jpg

image0ミルフューユ_640.jpg
東京のフレンチに引けを取らない美しく美味しいお食事。。。

丹波黒豆のポタージュや但馬牛ロースのステーキ・丹波栗のミルフィーユなど
その地域の特産品を頂けるのって嬉しいですよね。

IMG_0429朝食_640.jpg朝食はガラリと変わって和食

IMG_0459ホテル4_640.jpg歴史的建造物での宿泊は心地よく貴重な体験でした。

ホテルをチェックアウト後は丹波篠山の城下町の観光&お土産購入
IMG_0486篠山城1_640.jpg2000年に復元された篠山城大書院(国指定史跡)
拝観料は400円ですがJAFの会員証提示で300円になりました。

IMG_0479篠山城2_640.jpg



IMG_0436小西のパン1_640.jpgこちらは絶対に買おうと決めていた『黒豆パンの小西』さん

IMG_0435小西のパン2_640.jpgふわふわのパンに大きな黒豆がゴロゴロと入っていてとっても美味しかった!
週末だと早く行かないと売り切れてしまう事もある人気のパンです。
これは超お勧め

パン好きの我が家はもう一軒回ります。
IMG_0466黒豆食パン1_640.jpg『黒風堂』さんの『黒豆食パン』

IMG_0529黒豆食パン2_640.jpg600円と食パンにしてはちょっとお高いけれど・・・
大きくてふっくらとした黒豆の風味が楽しめるパンでした。

IMG_0463お酒1_640.jpg

IMG_0532お酒2_640.jpg『鳳鳴酒造』さんで日本酒とささやまサイダー

その他、会社お土産用の黒豆おかきや黒豆(煮豆用←お正月用にするよ!)
丹波篠山黒枝豆(これがめっちゃい美味しかった!)黒豆のパウンドケーキetc
GOTOトラベルキャンペーンで頂いた地域共通クーポンを使い果たし。。。

IMG_0516猪肉バーガー_640.jpg猪肉バーガーと

IMG_0496黒豆ソフト_640.jpg黒豆ソフトで小腹を満たし

IMG_0492焼き栗_640.jpg焼き栗をロングドライブのお伴に買って。。。
帰宅の途につきました~

GOTOトラベルキャンペーンを利用した丹波篠山たび。。。
歴史的建造物の中に身を置くという貴重な体験も楽しかった! 


📷写真はすべてiphoneで撮りました

"GOTO利用で丹波篠山へレッツラGO! -2020.10.15~16-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント