立山 ≪超メジャーゴールデンコース≫ -2009.9.5~6-

超~快適な雷鳥沢でテント泊して超メジャーゴールデンコースの立山を歩いて来ました。(^-^)v


          金曜日の夜に埼玉の自宅を出発
          立山駅前の駐車場にて車中泊
          9月に入ったのでケーブルカーの始発は7時だと思っていたのですが
          6時過ぎからぞくぞくと駐車場から駅に向かって行きます。
          慌てて我が家も身支度を整えて立山駅に向かいました。
          なんと!6時20分から臨時便が出ているではないですか 
          長い列に並ぶも結局7時30分発のケーブルカーになってしまいました。
          事前調査は大切ですね。(^-^;)


                北陸道・立山インターからのコンビニ情報
                セーブオン(2店舗) ローソン(左側) セブンイレブン(最終コンビニ) 

                立山~室堂 ケーブルカー+高原バス料金 往復4,190円


     8:55   室堂スタート
画像

                     なんかマットがずれているんですけど・・・
                     実はこの後、ころんと地面に落ちました 


     9:30   雷鳥沢キャンプ場に到着
画像




            テント設営完了でーす! 
            山でのおうちが出来ました!
画像




     10:20   別山乗越へ向けて雷鳥坂を登ります。
画像



            うしろに見えるは大日岳
画像




画像


                   覚悟はしていましたが、やっぱりきついです。 (;´Д`)'`ァ'`ァ

画像



               う~、もう少しで別山乗越
画像




     12:00   別山乗越到着
画像

                    剱御前小屋はグッズがなかなか可愛いんですよ~ 
                    今回はバンダナを購入しちゃいました~



     12:20   別山に向けてスタート
画像




                     剱岳でーす
画像


                やっぱり剱はかっちょい~!!!


                   別山へ向け快調に歩きます
画像



画像




                 別山へ向かう稜線から見る剱岳もかっこいい!!
画像




                  これから向かう立山三山も雄大
画像




                     ダンナ様と剱岳の図 (*^_^ ) b
画像




     12:45   快調なんて実はウソ!
             ちょっとヘロヘロなので別山の山頂はパス。トラバースしちゃいました。
画像

                でもこのトラバース道、幅が狭くて片側が切れ落ちています。
                足を踏み外したら滑落間違いなし・・・
                楽をしようとトラバースした事をちょっと後悔 


                     雷鳥平を望む
画像



                別山乗越を過ぎたあたりから超眠くてめっちゃ身体が重くて
                ペースが上がりません!

                そこで・・・

     13:55   真砂岳にむかう稜線にてお昼寝付きの大休憩でーす。
             こらーっ、寝ている隙に写真なんか撮るなーっ!
画像


                  そして。。。復活!! (^。^)y-
画像



     14:20   富士の折立へ向けスタート
画像



                  睡眠をとったので快調スタート
画像



                   もうすぐ急坂を終了
                   下から見るより意外と楽に登れました。
画像



     15:00   やった~! 富士の折立到着でーす。
画像




画像
                  タテヤマリンドウ


画像




                     大汝山へ向けてガンバル。。。
画像



     15:15   立山連峰最高峰大汝山
             久々の3,000メートル越えです。(御嶽山以来かな)
画像



                    まだまだ雄山へ向けてひとガンバリ。。。
画像



画像




     15:35   雄山神社到着
画像

 


                     ここでやっとスイーツタイム!!!
画像

                        北海道メロンゼリー 
                        夕張メロンチックな果肉たっぷりで美味しかった~


                         なんと!雄山神社貸し切りです

画像

                     前回来た時はたいへんな人でごったがえしていただけに
                     こんな事なかなか無いよね~と貸切を楽しんできました。

                     ・・・時間が遅いって事なんだからとっとと下山しろ!ですよね~



                    北アルプスの後立山連峰はやっぱり雄大です。
画像




                     雄山山頂で針の木岳をバックにご満悦 
画像



                    
                    もうすぐ午後4時、さすがに降りなくては・・・
画像

                   雄山からの下りは結構急坂です (;´Д`)'`ァ'`ァ


画像



     16:35   一ノ越山荘 通過

画像
                    チシマギキヨウ



                   室堂まであとはまっすぐなだらかに下る石畳の道になり
                   スタコラサッサ~と歩きながら
                   「こういう石畳の道って歩きにくいのよね~ 下りは特に!」
                   なんて愚痴りながら歩いていたので
                   浄土山の神の怒りにふれたのでしょうか

             つまづいて、思いっきり顔から地面にすっころんでしまいました!! 

 
                  ちゃんと手は出したのですが、下りだったために勢いは止まらず、
  
                             顔面強打!!  
          
                      瞬間に唇を咬んだのも覚えています。

                  “やばい!!” 大変な事になったらどーしよ~ 
                  と思いつつ顔をあげると、やっぱり口のあたりから大出血
                  さすがにダンナ様もびっくりしたようです。 

                  ダンナ様から、手ぬぐいを咬み止血をするようにと言われ、
                  室堂経由でテント場まで急ぎます。室堂バスターミナル
                  のところまで来るとダンナ様は雷鳥沢ではない方に進んで
                  いくのです。そのままうしろをついて行くと、そこは
                    「富山県警山岳警備隊立山派出所」
                  中にある診療所に駆け込んでくれました。
                  ところが出てきた隊員、「今、ドクターいないんですよ」と言
                  いながら見せてみてと言われ、おそるおそる手ぬぐいを外し
                  てみると止血がうまくいったようでほとんど血は止まっていました。

                  「くちびるはかなり切れているけど、口はなんの処置も出来ないんだよね」
                  「命に別状はないから綺麗な玉殿湧水で洗っておくしかないかな」
                  と言ってちいさなバンドエイドを下さいました。
                  痛くなって我慢できなくなったらと鎮痛剤も出して頂きましたが
                  「鎮痛剤は持っていますので大丈夫です」とお断り。。。

                  3名の警備隊に方々は爽やかに優しく、
                  ご心配をしていただいた事に恐縮しながらテントに戻ります。
                  

                                  
     18:05   雷鳥平に戻ると夕日に染まる立山三山が出迎えてくれました。
画像



                 この日の夕食は口を動かせないので・・・
                 侘しくウイダーインゼリーのみとなってしまいました。
                 ダンナ様は簡単にインスタントラーメンで済ませてました。。。

               
画像


                 

          テント泊お楽しみの満天の星空を期待して深夜テントから顔を出してみるとー 
          な、なんとお月様が出ています。しかも満月。
          真夜中にもかかわらず液晶時計が読めるくらい明っかるーい。
          時代小説に「月夜の決闘」とはよくいいますが
          まさに決闘でもできるくらいの明るさにはビックリ!
          ダンナ様はお月様が大好きなので私が寝ている間、かなりの時間眺めていたそうです。
           (やはり宇宙からきたのかもしれない、この人)

               
                翌朝目覚めると
                くちびるの傷はなんとかくっついていましたが、
                ほっぺたにはかすり傷、両膝のあたりは腫れ・青あざ・かすり傷

                          あ~情けない・・・

     5:50   朝食はおこげ   でもmikkoはウイダーインゼリーのみ・・・
画像




     7:20   テントもたたんで室堂バスターミナルに向けシュッパーツ 
画像



            ミクリガ池に移る逆さ立山に別れを告げて苦い思い出と共に室堂を後にしました。

画像



              ころんじゃった自分自身は情けないけど
              快適な雷鳥沢のテント場はやっぱりいいな~

                     また来ようっと!!! 


"立山 ≪超メジャーゴールデンコース≫ -2009.9.5~6-" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント