晴れを求めて八海山 -2014.09.6-

週末のたびにはっきりしないお天気が続いていますね。
この週末も長野・山梨には晴れマークが付かない!
晴れマークがついているのは東北地方と上越方面
ならば8年前に登った八海山にしよう!


       2014年9月6日(土)

       八海山ロープウェイ~女人堂~薬師岳~千本槍小屋のピストン


       5:35   関越道・大泉ジャンクション

       7:30頃? 関越道・大和PAのスマートETC利用 (出た時に時間を確認するのを忘れました)

          八海山ロープウェイは六日町インターと大和PAとの中間あたりにあります。
          関東から来た場合は六日町インターが手前になりますが
          今回は大和PAのスマートETCを利用してみました。

          
          大和PAでスマートETCを利用し、料金ゲートを通過したら右側に進み
          またすぐの突き当たりで右折、2Kmほど走ったところで突き当たりを右折し
          しばらく道なりに走行します。 途中反対車線にセブンイレブン
          “麓”(ふもと)信号で左折し、橋を渡ったところで左折して学校と川の間の道を行く
          (学校の前を通過して左折しても同じ道に合流する)
          再び突き当たりで左折して“八海山ロープウェイ”の案内が出てくるので
          その後は案内に従って走る。

          広い駐車場に到着した所はスキーベースの建物 (建物の左端に水場あり)
          ここから歩いてロープウェイ乗り場に行く事も出来るが、さらに車で進む
          ふたたび広い駐車場に到着しロープウェイ乗り場に到着
          水洗・トイレットペーパー完備の綺麗なトイレあり 


       8:10   駐車場 到着 (駐車料金 無料)

          八海山ロープウェイは往復1,800円   始発は8:20
          発車時間は毎時 00分 20分 40分

          毎度、支度に時間のかかる我が家は一本あとの8:40のロープウェイに乗車
          5分ほどで山頂駅に到着 (山頂駅にもトイレあり)

画像
          小学生くらいの団体さんと一緒に乗車しました。
          結局、この可愛らしい団体さんは女人堂までだったみたいです。

         

       8:50   ロープウェイ山頂駅 出発
画像



画像
          歩き始めて10分ほどで八海山山頂の稜線が見えてきました。
          山腹に女人堂の三角屋根が見えますが・・・ 遠く見えるな~ 


          それにしても今日は暑~い!!


画像
          緩やかな登山道を30分ちょっと歩いたら女人堂がいきなり近くに見えてきました~


       9:45   漕池 分岐
画像



画像
          漕池分岐を過ぎると登山道に急登の箇所が多くなってきて両手が大活躍
           (翌日なんだか腕が痛いな~と思ったら筋肉痛になっていた 情けない・・・


画像
          途中で後ろを振り返ると漕池が見えてる。 帰りに寄ってみよ~っと!


画像
          高速を降りた頃はガスガスだったけど、だいぶ青空が広がってきたね~
                黄金色に向けて色づき始めた田んぼの景色がキレイです。
                日本の代表的な風景って感じです。 


画像
          ぞくぞくと現れる急登を頑張って登り。。。


       10:10   女人堂 到着
画像



画像



画像
          薬師岳の斜面を見上げながらのスィーツタイム。。。


画像
                  セブンイレブンの新商品
               ブルーベリーレアチーズシュー 
               保冷バックに入れてきたので冷たくて美味しかった~


       10:30   女人堂 出発


          女人堂から歩くこと15分ほどで登山道脇になにやら標識のようなものが・・・
画像

                    近づいて読んでみたら。。。
画像
                    
                    この標識からは本当に急登続き 
画像



画像



画像



画像


          小屋まで40分と表示されていたけど・・・
          のんびり歩きの私が40分後に見たのは小屋ではなくこの標識
画像

               だからって気を抜いてはいけません!

               この後、待っているのは。。。 長~い鎖場      
画像



画像

          1本登りきったと思ったら、もう1本ありました。 とにかく長い!!

画像



画像
          2本の鎖場を登りきると眺望が開けてまもなく薬師岳に到着


       11:30   薬師岳 山頂
画像
          この鐘、余韻がとっても綺麗です。ぜひぜひ鳴らしてみて!


画像



画像
          薬師岳の山頂からは千本槍小屋は目と鼻の先


          と思ったら、一旦下って登り返し。。。
画像
          登山道が細いため下山の人がいるとお互いに譲り合いで時間がかかります。


       11:40   千本槍小屋 到着
画像
          小屋前にはベンチとテーブルがあります。


画像
               小屋のメニュー



画像
           小屋前にザックをデポしてすぐ先の地蔵岳に向かいましょう!


画像
          八ツ峰迂回コースから地蔵岳へ登るコースに入ります。

               ロープが下がっている岩場で・・・

                 こわ~い!!!!!!! 無理~!!!

                 足が滑りそうで、すくんでしまって一歩が出ません。

                 “無理をしない”のがモットーなので・・・ みんな登っているけど・・・
                 地蔵岳登頂はあきらめました。 

                 前回来た時は登ったんだけどな・・・ 歳かな~ ヘタレ度が増しました。(^_^;)


          小屋に戻ってランチタイムにしましょ! (立ち直りは早いのさ~ まぁ毎度の事ですから)

画像
               まずはオールフリーをぷっしゅ! 

               超暑かったので美味しかった~ 


       12:50   下山開始

画像
          薬師岳にもベンチがありました。
          こちらも眺望が良さそうだし、静かなのでこっちでランチにしても良かったかな。。。


画像
          だいぶ雲がとれてきていろいろな山が見えてきました。
          午後からの方がお天気が良かったのね~


       13:45~14:05  女人堂にて休憩
画像


          もう暑くて暑くて、水分補給。。。
          500mlのスポーツドリンクがあっという間になくなっちゃた!


          落ち着いたところでスィーツタイム第二弾!!
画像
          自家製のマンゴーカルピス寒天


画像
          女人堂避難小屋の中の様子はこんな感じでとっても綺麗
          バイオトイレ完備で二階建 真綿のお布団(数枚)までありました。


       14:25   漕池 立ち寄り
画像
          分岐からたったの10秒でした。


画像
          モリアオガエルの生息地ですから~ ものすごい数のおたまじゃくし!!
          うん! この池の環境を大切にを守っていってほしいです。。。


          漕池からの登山道は 「え?行く時下ったっけ?」 と下った記憶が無いのに
          ところどころで登り返し・・・
          完全に下りモードに入った身体には少しの登りでもちょっとつらい


画像
          八海山の稜線のガスはすっかりとれました。
          やっぱりここから見ると女人堂まで遠く見えます。
          あそこまで行って来たのだから満足満足。。。

          木道階段を下れば、まもなくロープウェイ山頂駅に到着~


       15:10   ロープウェイ山頂駅

          ロープウェイ乗り場の階段手前で登山靴の泥を落として
          15:20発のロープウェイに乗って駐車場に戻ります。


画像
          スキーベースの下の駐車場の建物の左はじにある
          八海山冷水に立ち寄って、美味しい水で喉を潤し
          ペットボトルに汲んで帰路につきました。


                         

"晴れを求めて八海山 -2014.09.6-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント