尾瀬沼湖畔のんびり散歩 浅湖湿原・大江湿原 -2016.06.26-

この週末は当初雨予報だったので山歩きは諦めていたのに
日曜日にまさかの晴れマークが点灯!
日曜日だしのんびり歩き(いつもだろ~!笑)で楽しみたいね。。。
という事で水芭蕉とキスゲの花の端境期なので空いているであろうと予測される
尾瀬沼をのーんびりと歩いて来ましたぁ 


       2016年6月26日(日)

       大清水~一ノ瀬~三平峠~三平下~長蔵小屋~浅湖湿原・大江湿原散策のピストン


       5:10   浦和インター  北関東経由で関越自動車   6:55   沼田インター

          インターを出たら左折して標識に従い尾瀬を目指します。
          途中コンビニはローソン(インター出口すぐ)・ファミリーマート・セブンイレブン(2軒)
          砂利採掘工場の隣のセブンイレブンとしばらく走って左折して橋を渡る手前の
          デイリーヤマザキが最終コンビニです。


       7:45   大清水登山口 駐車場
画像
         駐車場料金 1日500円   水洗・トイレットペーパー完備のトイレあり(チップ制)

          今回はここから一ノ瀬まで低公害車を利用します。(片道700円)
          700円はちと高いように思いますが・・・ (^_^;)
          歩けば1時間10分かかるところ10分で着いてしまいますから1時間の短縮になります。
          往復利用すれば2時間の短縮。。。
          その分尾瀬で過ごす時間が長くとれると思えば使わない手はないかな~と!
          個人的な希望としては片道500円で往復1,000円だと嬉しいな~ 

          低公害車の発車時間が8:00だったので大急ぎで支度を整えました。
          いつも支度に時間がかかる我が家! 今回は10分で準備完了~やれば出来るじゃん!!


       8:25   一ノ瀬 出発
画像
          一ノ瀬休憩所の前のベンチをお借りしておにぎりで腹ごしらえ
          トイレ(チップ制)を済ませて出発 
          この日歩いたルートでは三平下と長蔵小屋の近くにチップ制のトイレがあります。


画像
          朝まで雨が降っていたようで登山道は湿っています。
          滑らないように慎重に。。。               


       8:55   岩清水 通過
画像
          この辺りは風もなく登りで暑くなりましたので水場の冷たい水で喉を潤しもうひと頑張り


画像
          目覚めたばかりなのかな? 可愛いギンリョウソウ


画像
          線香花火みたいでおもしろいな~なんて足を止めてばかり


画像



画像
          木道が平らになってきたら三平峠はもうすぐ。。。



       9:35   三平峠 通過

画像
          濡れた木道は慎重に。。。
          登山道脇で再び見つけたギンリョウソウなどの写真を撮るのにしゃがむと
          湿った木道は滑って立ちあがるのにひと苦労
          なんて感じで下っていったらコースタイム15分のところ20分もかかっちゃった!


       9:55~10:15   三平下
画像
          三平下でベンチに腰掛けてパンなどを食べながら小休憩


画像
          三平下からはウッドデッキのような木道歩き


画像
          燧ケ岳の山頂はガスの中  レンゲツツジが見頃を迎えていました。


画像
          長蔵小屋手前の分岐では左に。。。


画像
                    ヒオウギアヤメ


       10:45   元長蔵小屋前
画像
          先ほどの分岐を左にくると元長蔵小屋の前に出ます。


画像
          尾瀬沼を眺めながらランチタイムにしましょう~

画像



画像



画像
          スィーツはラムネ味のわらび餅
          シュワシュワする粉が爽やかな美味しさでした~


       11:25   元長蔵小屋前 出発 


画像
          大江湿原から浅湖湿原に向かいます。


画像



画像
          大江湿原にはミツガシワ


画像
          ワタスゲもポワポワしてきてる~ 


画像
          コバイケイソウを見ると初夏を感じるんですよね~


画像
          樹林に入ると。。。


画像
          そこはゴゼンタチバナロードでした!


画像
                    のっぽさんのギンリョウソウも登場


       11:45   浅湖湿原
画像



画像
          浅湖湿原にはたくさんのタテヤマリンドウ


画像



画像


          
画像
                    オオバタチツボスミレかな? 可愛い~ と思ったら。。。
          『ムラサキコマノツメ』 みたいです~ 気紛親爺さんいつもご教示頂きありがとうございます。
          

          浅湖湿原に着くと空を黒い雲が多い始めてしまいました。
          ほんの少しですが降っているのが分からないくらいの霧雨も感じたと思ったら。。。
画像
          なんと! 先ほど開いていたタテヤマリンドウが蕾状態に戻ってる!!!
          この写真は前のタテヤマリンドウとほぼ同じところを撮ったものです。
          暗くなってきたからつぼんじゃったの?? それとも雨を感じたから??
          あまりに突然の事で蕾む瞬間を見れなかったのが残念で・・・
          「また晴れてくると開くのかな~ 開く瞬間を見たいね~」と粘ってみたのですが
          真っ黒な雨雲は取れる気配もなく。。。  浅湖湿原を後にします。(12:00)



画像
          大江湿原に戻ってきたら突然晴れてきた~  まっ!こんなもんです 
          先の方に鮮やかにレンゲツツジが咲いているようなので行ってみます。

画像
                    ハクサンチドリ


画像
          こんなにたくさんハクサンチドリが咲いているのを見るのは初めてかも~


画像

          レンゲツツジがとっても鮮やか~
          霧ヶ峰で見たレンゲツツジとちょっと色が違いますね。
          もちろんどちらも綺麗だけど。。。
画像



画像
          さあ そろそろ戻りましょうか


画像
          乾いてきたのかワタスゲがほわほわしてきました。
          尾瀬のワタスゲは大きいように思えます。
          湿原に白いワタスゲの目立ってきたようですが2年前の『凄過ぎるワタスゲ』には及びませんね~
                    『凄過ぎるワタスゲ』のレポはこちらから


          ずーっとここにいたいですが、そうもいかないのでのんびりと帰りましょうか。。。(12:45)


画像
          体幹が弱いmikko。。。 木道の丸太の上をわざと歩いてトレーニング f(^^*)


       13:00~13:20   スィーツタイム
画像
          三平下手前の広い木道脇に設置されたウッドデッキでスィーツタイム


画像
                    水まんじゅう~ 
                    地元スーパー購入のスィーツですが雰囲気も手伝って美味しかった~


       13:30   三平下 出発

          三平下でトイレに寄って三平峠まで今日最後の登り

          コースタイム20分となっていますが、黙々と登っていったら10分で三平峠に着きました。
          さすがに登りで暑くなったのでウインドブレーカーを脱いで下山開始


画像
          登りの時は咲いていなかったハナニガナがお見送りしてくれて。。。

       14:25   一ノ瀬 到着

          帰りももちろん低公害車を利用します。
          出発時間が14;30だったのでダンナ様はスピードアップしていたらしいのですが
          そんな事まったく気づいていない天然mikko  
          のんびりとハナニガナの写真を撮っていたら滑り込みセーフ状態でした。


          ニッコウキスゲ開花前の尾瀬沼は登山者も少なくてのーんびりと楽しめました。
          (ひとつだけ咲いているニッコウキスゲを見つけましたよ)
          因みにニッコウキスゲの蕾は今こんな感じ
画像
          この状態から何日くらいで開花するのでしょう。。。


          いつ来ても尾瀬って素敵なところですね~ また行っちゃうよ (^。^)y-.。o○

"尾瀬沼湖畔のんびり散歩 浅湖湿原・大江湿原 -2016.06.26-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント