mikkoのゆるゆる山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 新米の季節は越後のお山へ(守門岳)−2017.10.28−

<<   作成日時 : 2017/10/29 23:33   >>

トラックバック 0 / コメント 14

今年は守門岳の紅葉を楽しもうと計画していましたが2週続けての天候不良
やっとこの週末は関東は雨マークだけど新潟方面は曇り&晴れマーク
もう紅葉は終わってしまったかな〜と思いつつ守門岳に向かいました。

2017年10月28日(土)

保久礼(ほっきゅうれ)小屋登山口〜大岳〜青雲岳〜守門岳のピストン

守門岳は2011年の10月に大白川登山口から登って以来の2度目となります。
大白川からのルートは急登続きの登山道でヘロヘロになりました。
その時のレポはこちらからどうぞ!


4:50 東北道・浦和インター  圏央道経由で関越道利用  7:15 小出インター

インターを出たらすぐ二股に別れますので右ルートに進み、信号で直進(新しく道が出来ていました)
信号正面にセブンイレブン
しばらく道なりに走行し、左側に踏切が見えたら左折して踏切を渡った所で国道252号線に合流する。
『守門岳』の案内が出ている『渋川』の信号で左折する。
画像
沿道の紅葉がいい感じ。。。 この感じだと歩き始めの紅葉は楽しめそう!

『二分』の案内に従い右折(小さな“守門岳”の案内標識あり)
道脇に『守門岳』の案内が出ているので右折し突き当たりで左折
そのまま道なりに進み二口の登山口を通過
画像
二口登山口の駐車場。建物はトイレ、橋を渡った所にも20台位停められそうな駐車場あり
写真は帰りに撮りました。行きに通過した時は登山者で賑わっていました。

しばらく走行し途中で右折(案内あり)ここまで舗装路
画像
右折してから道は細くなり、少し走ると保久礼小屋手前の駐車場に到着

8:00 駐車場 到着
画像


画像
登山口は駐車場の奥になります。
右と左とどちらを進んでも数分で保久礼小屋に行けます。
左ルートを進んだ場合は右側に保久礼小屋が見えたら小屋に向けて少しだけ登り返します。

画像
保久礼小屋。後ろの建物がトイレ(ポッチャントイレですが臭いはきつく無かったです)


8:25 保久礼小屋前登山口
画像


画像


画像
紅葉もいい感じ

画像
ブナの黄葉は茶色になってしまっているけど充分に綺麗 (^^♪

画像
こちらのルートは急登ではないけれどずっとこんな感じの斜度で登って行きます。

画像


画像


9:05 キビタキ小屋への分岐 通過
小屋へは寄らずにショートカット、途中木々の隙間から赤い小屋の屋根が見えました。

画像
こちらの登山道は粘土質で水はけが悪いようです。
こんな感じのぬかるみが続きます。
特に下山では滑らないように慎重に下りましたが1回スッテンコロリンしました!

9:50 展望台No2 (約1,250m)という標識あり
画像
展望台という標識が付いているだけあって素晴らしい眺望!
紅葉の盛りの時は素晴らしいでしょうね〜
正面に見える山は春に歩いた角田山と弥彦山かな?


10:25 大岳 到着
画像
いきなりといった感じで大岳の山頂に到着
ここまでかなり多くの登山者に抜かれ、あっという間に見えなくなってしまうので
私ってどんだけノロノロ登りなんだろうって思いながら登ってきたけれど
大岳までのコースタイムを10分短く登りきりました!
ここを登ってくる方って健脚ぞろいなの? それともコースタイムが甘いのかな?

小腹が空いたので軽くパンを食べながら小休憩

10:35 大岳 出発
画像
大岳を過ぎると正面にどーんと守門岳

画像
守門岳の山裾の紅葉がとっても綺麗

画像


画像
大岳からは大きく下ります。

画像


画像


画像
下るにつれて紅葉に近づくのでたびたび足を止めて眺めてばかり

画像


11:00大岳と青雲岳の鞍部通過
画像


画像
見事な紅葉の谷をぐるっと回り込むように登山道が続いています。

画像


11:25 大岳分岐
分岐で休憩をしようとしていたグループの女性が
「山頂も青雲岳も風が冷たくて居られたものじゃないからここまで降りて来た」と話しかけてきました。
Tシャツ1枚で先に進もうとしている私への注意喚起だったのかな?

11:45 青雲岳
画像
確かに青雲岳は北からの冷たい風が吹き荒れていました。

画像
フリースと雨具の上着を着て山頂に向けて出発

画像


画像


画像


画像
樹林に入るとほとんど風を感じなくて最後の登りでジワっと汗をかきました。

12:05 守門岳 山頂 
画像


画像
曇りベースの天気予報だったので雨に降られなければいいや!
くらいの気持ちで遠望は期待していなかったのですが
燧ヶ岳や日光白根、もちろん越後駒ケ岳などの眺望を楽しむ事が出来ました〜
越後駒ケ岳の山頂付近は白くなっていましたよ。

画像


山頂は思ったほど寒くないので風が弱まってきたのかもしません。
山頂の端に腰掛けてランチ&スィーツタイムにします。
画像
          マミーズ・アン・スリールのアップルパイとバナナパイ
          ダンナ様が東京駅の大丸・松坂屋の地下で買ってきてくれました。
          そのままでも美味しいのですがアルミホイルに包んで温めるとさらに美味しく感じます。

12:45 下山開始
画像
まずは青雲岳を目指しましょ!

13:00 青雲岳 通過 
風もおさまっていて休憩も出来そうですがもちろん通過します。

画像
この先大岳に向けて一旦下って登り返し
この登り返しは覚悟していたからね!

13:15 大岳分岐(二口との分岐)通過

画像
ここが一番怖かったところ
登山道がぬるっとしていて滑りやすいのに登山道は斜面に沿って傾いているし切れ落ちているし
超へっぴり腰になってますね〜 だって怖かったんだもん!

14:05 大岳 通過

画像


画像
下るにつれて紅葉が綺麗になっていくから疲れも吹っ飛ぶ〜

15:40 保久礼小屋 登山口 到着

諦めていた紅葉もまだ綺麗だったし、歩いていてとっても楽しい登山道でした
また紅葉真っ盛りの時に歩いてみたいな〜


さて今回の山行はこちらの方がメインだったと言っても過言ではないかもしれません!
画像
          南魚沼 塩沢地区のこしひかり
         今年はなんと生産農家さんから直接譲ってもらえました! (^-^)v

さっそく翌日に炊いてみました。 これはやばいです!!  
若い方が使う意味の“やばい”と昔からの意味の“やばい”と両方の意味で。。。
美味し過ぎて・・・ 『mikko肥ゆる秋』になりそうです f(^^*)


        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
守門岳・・・ナイスチョイスでしたね!
静かで雰囲気が良さそうな山ですね。

今年9月台風の中、八海山〜越後駒ケ岳を
暴風と豪雨でもみくちゃにされながら登った時
地元の方に「あれが守門岳、6月にはヒメサユリが咲くので
是非来て下さい」と言われました。
是非と言われても・・・(・_・;)

南魚沼産コシヒカリ、私も買いました!
2キロだけど、ほんとヤバいくらい美味しかった。
2キロ太りました・・・(嘘)


リラックマ山岳隊
2017/10/30 12:23
リラックマ山岳隊様
守門岳とても良い山でしたよ!
ヒメサユリはこちらでも咲くんですね。
浅草岳があまりに有名なせいか知られていないですね。
この日も「この山、ヒメサユリが咲くのよ」という言葉が聞こえて来ましたよ。
そんな熱烈なお誘いを受けたら登りに行かなくてはいけませんね!
南魚沼のコシヒカリは美味しすぎて罪ですね。
(๑˃̵ᴗ˂̵)
mikko
2017/10/30 18:28
浅草岳から見た守門岳はカッコいいな〜と思って眺めていました。
ヒメサユリの咲く山と言う印象が強いのですが、紅葉も綺麗ですね。
大岳から守門岳へと続く稜線も素敵だな〜。
で、南魚沼産のコシヒカリ。新米だとご飯だけで何杯もいけそうですね(^^)v
リンゴ
2017/10/30 18:52
リンゴ様
そうなんですか?
守門岳はヒメサユリで有名な山だったのですね!
勉強不足でした。
それならヒメサユリの咲く頃に再訪してもいいですね。
新米のコシヒカリ、まずはご飯だけ食べてみたのですが「おかず要らないや!」と思いましたよ。
^ - ^
mikko
2017/10/30 19:19
新潟の山で正解でしたね。
守門岳は30代後半に行ったきりなので、行きたいのですがチャンス無し。
ヒメサユリの頃に行き、沢山歩いてキツカッタ記憶があります。
山が大きいですね。
東北、新潟の山の紅葉は赤が多くて綺麗ですよね。
お米も買えて良かったですね。
chiaki
2017/10/30 20:18
chiaki様
微かな晴れマークでしたが快適に歩けてまずまずの登山日和でした、
やっぱりヒメサユリの時が一番賑わう山なのかしら?
またその時期に歩いてみたくなりました。
mikko
2017/10/31 09:01
同じ日、反対側から越駒さんを眺めてました♪
どんよりとした空の割には、遠望も楽しめましたね〜。
そうそう、私も守門岳はヒメサユリ狙いで♪ と思ってました。
紅葉の時期に、下見に! と思いながらも、mikkoさんところの
過去レポの急登の様子に結構ビビってました。(^^;;;
こちらからなら、私も行けそう〜。
雪が削り取った荒々しい斜面と、それを囲うブナの森。
あと、尾根上に広がる草原。
新潟のお山の魅力、凝縮です〜。
chikoやん
2017/11/01 12:32
chikoやん様
反対側のお山?
もしかして同じ“駒”の付くお山かしら。。。
この日は意外と遠望がききましたね〜

前回登った急登続きのコースはもう2回目は無いな。
と思っていたけど今回のコースはまた歩きたいと思えるくらいに楽しい登山道でしたよ。
大岳からは大好きな稜線歩きですしね!
下見無しでもヒメサユリの時期にいきなりトライで大丈夫ですよ。
あっ!chikoやんさんならピストンでなくグルリップで歩けますね!
(^_−)−☆
mikko
2017/11/01 18:56
こんばんは。
守門岳良い感じですね、今は登山出来ないですから皆様の
山を夢中になって楽しませて戴いています♪♪
素晴らしい風景楽しみに致しております。

北海道の帰り東京駅で乗り継ぎ時間が短く残念でした。
7日・8日はどうでしょうか?、「KABUKU〜へん」
買えると良いのですが。
たかちゃん
2017/11/01 19:50
今回は保久礼からでしたか、袴岳まで行かなければこちら側の方が楽だったと思います。次回は大雪庇の頃に是非登って見て下さい。
インレッド
2017/11/02 09:16
たかちゃん様
電車移動になっても勢力的にあるかれていますね。
次回東京通過の時はkabuku〜へん買えるといいですね。
mikko
2017/11/02 19:50
インレッド様
こちらのコースは程よい登りで楽しく歩けました。
次回はヒメサユリの時期か?
思い切って雪庇の時にチャレンジするか?
悩むところです。
mikko
2017/11/02 20:01
おはようございます。
「新米の季節は…」がオツなネーミングでしたね。
最後に意味が分かりました。そんなお後の目的があるのも、いいです。
この山は(もちろん)行ったことがないですが、冬の山というイメージがありません。
山腹はブナが多いんですかね、確かに歩いていると秋山を感じさせる風景です。
こちらにも紅葉前線が下りてきているので、早くどこかにいかなくっちゃ!
本読みと山歩き
2017/11/04 07:04
本読みと山歩き様
この時期は新米購入目的で越後の山に登る事が多いのですが
今年は知り合いから直接譲って頂ける事になったので気合いの入り方が違いました!(笑)
登山道はブナの森を歩いて行くという感じでは無かったのですが
稜線から見下ろす山肌はピークを過ぎたブナがたくさんありました。
黄葉の頃だったら素晴らしかった事でしょう!
紅葉が南下してくるのが楽しみですね〜
mikko
2017/11/05 13:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新米の季節は越後のお山へ(守門岳)−2017.10.28− mikkoのゆるゆる山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる